学校教育目標

心の三か条

誇りを持てる上中生

お知らせ

 

ご来場ありがとうございます

2013.Apr.~4577610

現在閲覧中の人数

オンラインユーザー16人

学校の名所

校    歌

           作詞 萩原昌好
         作曲 西原匡紀
1  紫匂う 埼玉の
  深谷の郷の 学び舎に
  地味豊饒の 栄え享けて
  若人我等 励むなり
  高く心を 持てよと
   ああ上柴 上柴中学校

2  秩父赤城を 見はるかす
   広陵緑野の 地平線
  ここ武蔵野の まさなかに
    建てん 真理の碑を
    広く心を 究めよと
      (おお朋だちよ)
       まずもろともに
      輝く宇宙の微塵となりて
      無方の空へ 散らばろう

3  現在 生命の一瞬に
    みなぎる意志と 力あり
  研鑽尽きせぬ 道程を
   三年に托す 友と我れ
  深く心を 求めよと
      ああ上柴 上柴中学校

 

校歌の伴奏

あいさつ

【校長あいさつ】 校長 森田 豊 
 深谷市立上柴中学校ホームページにようこそ。
 令和6年度も引き続きお世話になります、校長の 森田 豊です。どうぞよろしくお願いいたします。
 昨年、40年の節目の年を迎えた上柴中学校は、次の10年=50周年に向けて新たな一歩をスタートします。
 予測困難な時代ではありますが、「地域と共に」のコンセプトはいつまでも変わることはありません。様々な色を持つ多様性とそれを包み込む寛容性を兼ね備えた「上柴地区」の特徴を生かし、元気あふれる生徒たちとともに、新しい時代の学校を創っていきたいと考えています。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。
 

校長室から

校長室から >> 記事詳細

2021/08/24

深谷市ゆかりのパラアスリート紹介!

Tweet ThisSend to Facebook | by:HP担当
 8月24日より、東京パラリンピックが開催されます。東京オリンピックでも、開催に関しては賛否両論ありましたが、
オリンピアンのおかげで、私達は、感動と勇気、元気をもらい、感謝の気持ちの貴さを学びました。今日から始まるパラリンピックも
それに匹敵する、場合によってはそれ以上の感動と勇気、元気をもらい、感謝の気持ちの貴さを学ぶことができると思います。
 特に、今回のパラリンピック日本代表の中には、深谷市ゆかりの選手が3人もいます。そして、何と、上柴中学校の卒業生、みんな
の先輩である髙桑早生選手も出場します。テレビでしか応援できませんが、是非みんなで応援したいと思います。
深谷市ゆかりのパラアスリート(PDF).pdf

15:51 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)